参考:故障率と信頼性情報の関係

 

 

 

 

故障率と信頼性情報の関係

 

 

下図に、故障率と、信頼度、故障確率密度、不信頼度の関係を示します。

 

 

図1  信頼性評価で用いる指標

 

 

【説明】

故障率と信頼性情報の関係を考えるために、摩耗故障を有する機器について考えます。

 

 

1.ある機器の故障率が、下図の特性を示すものとします。 故障率の最初は、偶発故障を示し

  ますが、途中から摩耗故障を有するものとします。 横軸は、時間です。

 

  故障率

 

 

2.項番1に示す特性を持つ機器を100台設置したものとします。 100台の機器は、項番1

  に示す故障率で故障し、時間とともに生存数が少なくなります。

  特に途中からは、加速度的に生存数が減少します。

 

図3  生存数

 

 

 3.生存数は、どの様な割合で減少するのでしょうか。 それは、瞬間での故障数を参照すれ           判ります。 ある瞬間の故障数は、生存数 × 故障率 で求まります。

  この故障数を横軸時間のグラフで表すと以下のとおりとなります。

 

図4  故障数

 

 

ここで、留意すべき点として、故障数は、現在の生存数に故障率を掛けていることです。

初期台数の100に故障率を掛けるものではありません。

 

 

 

4.故障数を積み上げることにより、設置時からの累積故障数が判ります。 横軸を時間とし、

   累積故障数をグラフに表すと以下のとおりとなります。

 

図5  累積故障数

 

 

 5.以上は、100台の機器についてのお話でした。これを一般化するために、 全体の初期台数

       を1とします(規格化)。この操作により、 それぞれは、確率と考えることが出来ます。

       以下に、変更後のグラフを示します。グラフの形状は同じです。最大値が異なっていま

       す。 信頼性評価の世界では、それぞれを信頼度、故障確率密度、不信頼度と呼びます。

 

図6  信頼性評価指数

 

 

覚え方として、信頼度は生存数、故障確率密度は、瞬間の故障数、不信頼度は累積故障数と関

係していると考えると、イメージがわくと思います。

上図の不信頼度グラフに記載の▽マークは、B-Lifeと呼ばれる指標値です。 不信頼度(0~1

の範囲の値)に対して、パーセンテージを指定し、 指定されたパーセンテージへの到達時間を

表します。 例えば不信頼度が0.1%1000台中1台目が壊れる時間)に到達する時間は、 2

年(17520時間)を表す場合、「B0.117520時間」の様に用い 、「B0.1で検査を実施」

などの様に用います。

 

 

 

まとめ

 

 

以上をまとめると、信頼度、不信頼度、故障確率密度と故障率には、密接な関係があり(必要

に応じて見方を変えたもの)、何れかが判ると他の指標も判ります。 CMMS/EAMを用いて、

故障を管理している場合、時間軸に対する故障数を集計することが出来ます。時間軸に対する

故障数が判れば、故障率、信頼度、不信頼度の時間依存が判ります。 この特性を生かした故障

分析の手法にワイブル分析があります。

 

 

 

メモ: * は入力必須項目です


● お問合せ先

株式会社ウェーブフロント 

営業部 

メール:sales@wavefront.co.jp

TEL:045-682-7070